妊娠を望む場合の葉酸サプリメントの摂り方

妊娠を望む場合の葉酸サプリメントの摂り方

 

 

妊娠を望む場合の葉酸サプリメントの摂り方ですが、妊娠前に葉酸を摂取すると子宮内膜を厚くする効果があるとされており、着床率の向上が期待されます。この時期の摂取量は、一日に400マイクログラムが推奨量とされていますので、時期に応じてサプリメントの量を調節することも大事であるといえます。

 

葉酸サプリメントを摂取する最も大事な時期が、妊娠前から妊娠4か月までともいわれていますので、その時期を逃さないように注意したいものです。それでは妊娠してからの葉酸サプリの効果はどうなるのでしょうか?妊娠3か月ころは、出生児の自閉症のリスクの軽減、流産リスクの軽減、神経管閉鎖障害のリスク70パーセント軽減などがあります。400マイクログラムが推奨されています。

 

妊娠中期に入ると妊婦の高血圧症のの予防や、貧血予防といった効果があります。摂取量は240マイクログラムほどが推奨量とされています。出産後は造血効果が望め、母乳の出の向上が見込まれています。摂取量は100マイクログラムと言われています。このように授乳期になるとサプリメントの量を減らすなど、調整をしながら補給することが望ましいといえます。食事から補えない分を補給するとよいでしょう。仮に過剰摂取してもとりすぎたものに関しては、尿として体外へ排出されるため健康への害は報告されていないようです。

 

最後に葉酸サプリメントの中にも食品と同じで、食品添加物が多く含まれているものがあります。サプリメントだけでなくすべての食べ物、飲み物等においては、直接体に入ってくるものです。体にとってはなるべく化学合成添加物が無添加であるほうが望ましいです。毎日摂取するとなれば、天然由来のもので、合成添加物の含まれていないものを選ぶということが、好ましいです。お母さんの体のためにも健康で、元気に生まれてくる赤ちゃんのためにも、妊娠中の食の安全には、特に気を付けていきたいものです。

 

 


↑人気の葉酸サプリはここからチェックできます

 
 
葉酸の役割とは 葉酸不足はなぜダメなのか 葉酸サプリを正しく選ぶコツ 葉酸サプリ売れているランキング