葉酸サプリの豆知識:妊娠と葉酸

葉酸サプリの豆知識:妊娠と葉酸

 

 

葉酸は、アメリカやヨーロッパなどで発症リスクの高い神経管閉鎖障害の予防に有効とされ、アメリカやヨーロッパの多くの国では穀類などへの添加が義務付けられています。しかし、日本はアメリカやヨーロッパに比べて神経管閉鎖障害の発症リスクが低い事もあり、神経管閉鎖障害の予防に対する考え方が諸外国より10年遅れているとされ、2000年末にやっと妊娠可能な年齢の女性に対して葉酸の摂取を奨励し、2002年4月以降の母子手帳に葉酸摂取の必要性が記載されています。

 

この栄養素は、成人においてもDNAやRNAの生成や細胞分裂、細胞成長、臓器の維持修など人間の生命維持活動に必須とされる栄養素としても知られていますが、特に胎児の脳や脊髄などの中枢神経形成に必要不可欠な栄養素とされています。葉酸の適切な摂取は、胎児の神経管閉鎖障害や自閉症障害、先天性心疾患などの疾患予防だけでは無く、産後の子宮回復効果や巨赤芽球性貧血予防、妊婦高血圧症候群予防など母体を保護する効果もあります。

 

胎児の神経管は、妊娠3週目?6週目前後に形成されてしまうので、妊娠が判明する頃には神経管が形成されています。その為、神経管が形成される前の妊娠の4週間以上前からの摂取が好ましいとされています。又、一般に妊娠12週目までの摂取が厚生労働省から推奨されていますが、葉酸には流産予防効果や造血効果による母乳量の増加作用、免疫力の向上効果などの有益な効果があるので授乳期までの摂取が好ましいとされています。

 

1日の摂取目標は、成人女性の場合は0.24mg、授乳期の女性の場合は0.34mg、妊婦や妊活中の女性の場合は0.48mgとされ、厚生労働省では妊婦や妊活中の女性に対しては通常の食事プラス葉酸サプリなどの栄養補助食品による1日0.4mgの摂取を推奨していますが、1日の摂取上限は1mgとされています。妊活中や妊娠中は、1日の葉酸の摂取量を意識して毎日の食生活を送る必要があります。

 

 


↑人気の葉酸サプリはここからチェックできます

 
 
葉酸の役割とは 葉酸不足はなぜダメなのか 葉酸サプリを正しく選ぶコツ 葉酸サプリ売れているランキング