ベルタ葉酸サプリの副作用の有無や一日の摂取量目安について

ベルタ葉酸サプリの副作用の有無や一日の摂取量目安について

 

 

ベルタ葉酸サプリを飲むことで、副作用が起きたという実例はほとんどありませんが、過剰摂取をした場合に副作用が起きる可能性はあります。

 

葉酸はビタミンB群の一種で、水に溶けやすく、熱に弱いという性質をもっています。そのため、食べ物から葉酸を摂取しようとした場合は、吸収率が悪くなってしまう傾向にあります。葉酸は細胞の生成などに必要不可欠な物質で、体内でも消費されていくため、通常の食べ物からの摂取で過剰にとりすぎてしまうことは困難ですが、サプリメントの場合は、過剰摂取に気をつける必要があります。

 

ベルタ葉酸サプリに含まれている葉酸は、藻のグルタミン酸と呼ばれているもので、体内に吸収されやすい特徴があります。厚生労働省では一日の摂取目安量は、15歳以上の成人男女は、200μg、妊婦は400μg、授乳婦は280μgを推奨しており、1000μgを超えると過剰摂取となります。

 

1μgは0.001グラムです。過剰摂取をした場合に起きうる副作用は、皮膚がかゆくなったり、紅斑がでたり、全身の倦怠感、不眠症、吐き気、食欲不振、消化器への影響、むくみ、などがあげられます。葉酸に加え、27種類のビタミンとミネラル、カルシウム、鉄分、21種類の野菜、20種類のアミノ酸、6種類の美容成分も含まれています。

 

葉酸は妊娠から授乳期は特に毎日必要量を摂取することが大切です。赤ちゃんの成長にはたらきかけることはもちろんのこと、妊娠中毒症や悪性貧血の改善、マタニティーブルーの抑制にも効果が期待できます。

 

ベルタ葉酸サプリは、葉酸を酵母に含有させることで体内に葉酸を長く滞在させることが可能となっているため、効率よく葉酸を摂取することができます。また、製造過程では安全に力を入れており、放射線や残留農薬検査を実施しているため、安心して飲むことができます。さらに、つわりの時でも飲みやすいよう、サプリメントの形状を小さくする工夫もなされています。

 

 


↑人気の葉酸サプリはここからチェックできます

 
 
葉酸の役割とは 葉酸不足はなぜダメなのか 葉酸サプリを正しく選ぶコツ 葉酸サプリ売れているランキング