妊婦さんと葉酸サプリの深い関係

妊婦さんと葉酸サプリの深い関係

 

 

妊娠準備期から産後まで女性の身体に大切な栄養素は少しずつ変わっていきます。その中の1つ葉酸は水溶性ビタミンに分類され、細胞を増殖させる際に行われるDNA合成の過程で使われます。

 

バランスの良い食事から摂取するのが1番ですが、熱に弱く調理段階で約50%程は分解される為どうしても不足しがちなのが特徴でもあります。また、体内に溜め込むことが出来ない為、必要以上に摂取された葉酸は体外へと排出されます。したがって一定量を毎日摂取する事が重要となってくるのです。

 

では、なぜ妊婦さんに葉酸が必要なのか。

 

妊娠中、母親の血液は優先的に胎児へと運ばれて行きます。通常より多くの血液が必要なため母親の血液濃度は薄くなり貧血を起こしやすくなります。この貧血予防にビタミンB群の葉酸が力を発揮してくれます。また、胎児は妊娠初期に様々な器官を形成していきます。その際に母親が十分な栄養素を摂取出来ていないと先天性異常のリスクが高まります。先天性異常の中で、二分脊椎などの神経管閉鎖障害については諸外国より疫学研究が行われ、妊婦さんへの葉酸の摂取がその発症リスクを低減することが報告されています。

 

どれくらいの量が必要なのか。

 

妊婦さんは1日に0.4mgの葉酸摂取が推奨されています。これは緑黄色野菜を約350g摂取すれば可能な数字だが、前途にも記したように葉酸は加熱に弱い為、生の緑黄色野菜を毎日350g摂取する事が必要となってきます。妊娠初期はつわりによる味覚の変化で食べられる物が限られてしまう方もみえるでしょう。また、匂いが気になる等で栄養素の事まで考えて料理が出来ない方、そもそも食べ物を口にする事すら困難な方もみえるかと思います。

 

そんなときに手軽に確実に摂取出来る葉酸サプリが重宝してくるのです。食品中での葉酸は体内利用効率が50%であるのに対し、葉酸サプリは80%と見積もられており、効果的に摂取する事が出来ます。手軽さが重宝する葉酸サプリですが、1度にたくさんの量を摂取すると尿として排出されてしまう為、朝昼晩3回に分けて飲むことがより効果的な摂取方法となります。

 

 


↑人気の葉酸サプリはここからチェックできます

 
 
葉酸の役割とは 葉酸不足はなぜダメなのか 葉酸サプリを正しく選ぶコツ 葉酸サプリ売れているランキング