葉酸のサプリメントが危険って本当?

葉酸のサプリメントが危険って本当?

 

 

結論から言えば、葉酸をサプリメントで補給する事についてはそれほど危険性は考えられません。

 

考えられる問題としては、天然由来と化学合成の違いによる体内での利用効率の違いから、過剰摂取や副作用が指摘される事もあるという点です。これに関してはもともと葉酸の摂取上限値として定められた基準を超えなければ問題無しというデータが科学的には出ています。

 

この基準値は1日当たり1000マイクログラムであり、サプリメントを用量に従って正しく服用していれば、食事から摂取される分を加味しても過剰となる心配は低いと言えますし、葉酸は水溶性ビタミンですからごく一時的な過剰であれば体外に上手く排出されます。加えてそもそも、厚生労働省が特に妊娠初期において推奨している高めの摂取基準については化学合成のものから計算されており、化学合成のものだからと言って危険という事もありません。

 

むしろ注意すべき点があるとすれば、サプリメントに含まれる葉酸以外の成分の危険性です。まずサプリメントを形作る上で添加物が使用されているケースがありますが、妊娠期に服用した場合には胎児のアトピー等のリスクを高める疑いがある成分も使われている場合があります。従って、無添加若しくは安全性の高いものに限って使用されているサプリメント選びが重要になると言えます。

 

同時に、葉酸サプリメントの中には他のビタミン・ミネラル類も配合した総合的なタイプが存在します。ここで問題なのは、特に妊娠期配合成分に脂溶性のビタミンが配合されているケースで、妊娠期の利用に特に注意を要する事になります。

 

対象となる成分にはビタミンA等がありますが、体内に蓄積され易い性質がある事からサプリメントで補給する場合には胎児側で過剰になる事が考えられます。奇形や流産確率の上昇といった高いリスクも考えられる為、該当する成分が含まれている場合には葉酸以外の成分の過剰摂取にも配慮が為されている製品であるか否かを、注意深く見極めてから摂取する必要があります。

 

 


↑人気の葉酸サプリはここからチェックできます

 
 
葉酸の役割とは 葉酸不足はなぜダメなのか 葉酸サプリを正しく選ぶコツ 葉酸サプリ売れているランキング