葉酸サプリが体に与える効果と効能について解説します

葉酸サプリが体に与える効果と効能について解説します

 

 

妊娠初期に摂取した方が良いとされる葉酸は水溶性のビタミンで熱に弱いため、調理過程で多くが失われます。効率よく摂取するために厚生労働省では葉酸サプリから葉酸の摂取を推奨してしています。ではなぜ妊娠初期に葉酸の摂取が良いとされるのでしょうか。

 

葉酸は細胞分裂を正常に促す効果があるため、胎児の染色体異常などを防ぐことが出来るとされています。妊娠初期の胎児は最も細胞分裂が活発であるため、葉酸が役に立ちます。また葉酸を摂取することで鉄分と吸着し正常な赤血球の製造を促すことで貧血予防に効果があるともされています。そのため血液を多く必要とされる妊娠中には特に摂取した方が良い栄養素でもあるのです。

 

しかしながら葉酸のこの様な効能は妊娠初期にだけに限った話ではありません。妊活中には体の冷えが大敵とも言えますが、葉酸を摂取することで血液を作ることが出来れば血流が良くなり、身体の冷えを改善することが出来ます。

 

実際に不妊で悩む女性の中には冷え性の人がいることが分かっています。また妊娠中は血液を通して胎児に栄養を送るため、普段よりも血液を多く必要とします。血液量を増やすためには水分を補給することも大切ですが、それだけでなく良質な血液を作る栄養素も一緒に摂取することが大切なのです。

 

そして妊活は女性の話だけでなく、男性も大きく関わってきます。不妊は女性の問題だと思う人もいますが、不妊の原因の3分の1は男性であると言われており、普段から葉酸を積極的に摂取している夫婦の方が妊娠しやすく染色体異常が起こりにくいことが分かっています。女性と異なり精子をその都度、作ることのできる男性にとっては細胞分裂を正常に促す葉酸を摂取することは、妊活において効果を発揮すると言えます。

 

細胞分裂を正常に促すことは胎児にも男性にも良い効果を発揮し、貧血を改善することは妊活中や妊娠中の女性にも大きな効能があると言える葉酸は、効率よく葉酸サプリから摂取すると良いでしょう。

 

 


↑人気の葉酸サプリはここからチェックできます

 
 
葉酸の役割とは 葉酸不足はなぜダメなのか 葉酸サプリを正しく選ぶコツ 葉酸サプリ売れているランキング