葉酸サプリとその安全性とは

葉酸サプリとその安全性とは

 

 

葉酸サプリには天然素材由来と合成されたものがあり、よく天然だと安全だと考えがちです。一般的なサプリだと天然素材方が吸収率や体内利用効率が高くなりますが、葉酸では逆になり天然の方は食事などだと50%程度で化学合成だと85%もあります。

 

厚生労働省は食事以外の摂取で体内利用効率の高い化学合成葉酸をサプリで補うように推奨しています。ただ合成だと添加物が危険だと思いますが、実は添加物にも危険なものと安全なものがあります。危険なのは発がん性の疑いがあるものや、催奇形性のある添加物です。安全なのは元々食品に含まれていて動物実験などでも危険性がないとされた添加物で、合成のビタミン類や合成の葉酸もこれに含まれます。

 

よく天然でなくて合成は添加物が多いから危険と言っているサイトもありますが、これは天然由来のものを扱っているメーカーの都合に合わせて記事が書かれているためです。自然なものだから安心だといういうのは間違いで、例えば自然なものにも毒が含まれているものはたくさんあります。天然由来の葉酸サプリだと不純物混入の可能性もあります。

 

不純物は成分表にかかれてない成分で、これは天然素材のメリットでもありデメリットでもあります。化学合成だと農薬混入の心配がありません。天然素材の野菜や果物はメーカーはそのまま潰して使っていないので、抽出している段階で農薬混入の心配はないと答えますが、メーカー側は使っている天然素材がどのように栽培されたものかまでは公表していません。

 

もしかしたら農薬や化学肥料がたくさん使われた天然の野菜や果物が使われている可能性もあります。無農薬でも飛散農薬の影響を受けている場合もあり、飛散農薬はサプリに使っている畑では無農薬でも近隣の畑が使っていてそれが飛んでくるものです。例え無農薬であって必ずしも安心とは言い切れないので、大切なのは残留農薬の検出試験済みかを見る事です。他にも放射線検査や工場の規格がGMPかなどもポイントです。

 

 


↑人気の葉酸サプリはここからチェックできます

 
 
葉酸の役割とは 葉酸不足はなぜダメなのか 葉酸サプリを正しく選ぶコツ 葉酸サプリ売れているランキング