赤ちゃんのために葉酸サプリが必要?

赤ちゃんのために葉酸サプリが必要?

 

 

妊婦が積極的に摂取したい栄養素に、鉄分、カルシウムに加えて、葉酸があります。葉酸は水溶性ビタミンのひとつで妊娠初期や授乳期に不可欠な栄養素とされています。葉酸は細胞分裂に不可欠であり、血を作る役割も持つので、赤ちゃんが育つために必要だとされているのです。特に妊娠初期に十分摂取することで、神経管の先天異常の発症リスクを低減させるということがわかってきました。

 

また、妊娠中も造血効果によって赤ちゃんの栄養不足を予防したり、悪性貧血を回避してくれます。授乳期においても、母乳から赤ちゃんへ必要な栄養素を送りこみ、発達障害のリスクを軽減してくれるといわれています。厚生労働省からも積極的に葉酸の摂取が勧められ、妊娠中の摂取量は、一般成人の摂取量より、およそ1.5〜2倍の摂取が推奨されています。

 

葉酸は、モロヘイヤやホウレン草、ブロッコリーなどの葉物野菜に多く含まれますが、その他にも焼きのりや納豆、たたみいわしといった食品にも多く含まれています。いろいろな食材から葉酸を取り入れるのが理想です。ただ、レバー類は少量で1日の葉酸摂取量を得られますが、ビタミンAの過剰摂取で、赤ちゃんへの障害リスクが高まりますので避けるのが無難です。注意しましょう。

 

また、葉酸は水や熱に弱い性質の栄養素なので、調理段階で成分が減ってしまう可能性が大きいです。体の中に入ってもすべての成分が吸収されるわけではありません。毎日必要量を摂取していく必要があります。

 

毎日の食事の中で、1日の推奨摂取量に達成するようにするには、葉酸サプリで不足分の栄養素を補うことがおすすめです。サプリメントは薬ではないので、母体や赤ちゃんにも悪影響はありません。数粒で1日に必要とされる葉酸を取り入れることができます。ただ、サプリメントはあくまでも、不足分を補う形で利用しましょう。葉酸だけを摂取すればよいというわけではありません。基本はバランスのよい食事でいろいろな栄養素を摂取するように心がけましょう。

 

 


↑人気の葉酸サプリはここからチェックできます

 
 
葉酸の役割とは 葉酸不足はなぜダメなのか 葉酸サプリを正しく選ぶコツ 葉酸サプリ売れているランキング