知らないと怖い葉酸サプリのデメリット

知らないと怖い葉酸サプリのデメリット

 

 

葉酸は細胞分裂におけるDNA生成に深く関わる成分なので、細胞分裂を活発に行い正常な器官形成を行わなければならない胎児にとっても必要不可欠な栄養素と言えます。葉酸は緑黄色野菜や豆類、レバーに多く含まれていることが知られているため、食生活に気をつけている人は少なからず毎日摂取している栄養素ではありますが、妊婦は通常の2倍量を摂取する必要があるため、それを毎日欠かさずとるのは難しいと言えます。だからこそ、葉酸サプリがすすめられて多くの妊婦や妊娠希望者が使用しているのです。

 

葉酸は水溶性ビタミンで過剰に摂取しても尿と一緒に排出されるため体内の残存期間は短く、過剰摂取でも副作用は比較的出にくい栄養素とされています。成人の目標摂取量は1日200μgで、妊婦は1日400μgが推奨摂取量といわれており、上限は1000μgといわれています。上限を超えるような過剰摂取は通常の食生活であれば不可能ですが、葉酸サプリで手軽に葉酸を摂取できてしまうからこその落とし穴はそこにあり、葉酸サプリのデメリットともいえます。

 

前述のように葉酸は過剰摂取による副作用や障害が出にくい成分ではありますが、誤った知識で葉酸サプリを一度に規定量以上に摂取すると過剰摂取になる恐れがあります。また、葉酸サプリは時として安価なものであればあるほど含有量が規定値をオーバーしていたり、体内残存時間が長い人工合成葉酸であったりと悪質なサプリメントである場合もあります。葉酸を過剰摂取すると食欲不振や吐き気、むくみや蕁麻疹、呼吸障害、そして赤ちゃんには喘息リスクの上昇などが出てきてしまうことが報告されています。

 

葉酸サプリによって重要な栄養素を手軽に摂取できることは非常にありがたいことではありますが、過剰摂取になりかねない危険性もはらんでいます。また前述のように安価なサプリに手を出して逆に体に有害になる可能性があるというデメリットもあります。サプリ全体に言えることではありますが、用法用量を正確に調べた後で使用することが大切です。赤ちゃんの正常な発達を守るための葉酸サプリですから、デメリットをしっかりと理解して正しく使用したいものです。

 

 


↑人気の葉酸サプリはここからチェックできます

 
 
葉酸の役割とは 葉酸不足はなぜダメなのか 葉酸サプリを正しく選ぶコツ 葉酸サプリ売れているランキング