妊娠中期には葉酸サプリは必要?

妊娠中期には葉酸サプリは必要?

 

 

葉酸には細胞分裂を正常に促す効果だけでなく貧血を改善する効果もあるので、妊娠初期だけでなく授乳中にも役に立つ栄養素です。しかし水溶性のビタミンで熱に弱いため調理過程で多くが失われてしまい、料理から身体に摂取することのできる量は少ないとされています。そのため厚生労働省では特に妊娠初期の場合は葉酸サプリから葉酸を摂取することを推奨しています。では妊娠中期には葉酸サプリを摂取しなくても良いのでしょうか。

 

確かに妊娠初期にだけ摂取が推奨されることを考えると、妊娠中期に突入すれば葉酸サプリを購入することを止めしても良い気がします。しかし妊娠中はずっと貧血にならないように気を付ける必要があります。

 

妊娠中は血液を通して胎児に栄養を送ることになります。また胎児も大きくなるにつれて血液量が増え、その血液量を賄うのはお母さんです。そのため妊娠中の貧血は非常に危険であり、避けなければなりません。お腹の中の子どもが大きくなればなるほど血液量が必要になりますが、2人分の食事をしてしまえば体重の増加が著しくなったり、妊娠高血圧症になる可能性もあります。

 

つまり食事はバランスの良い内容にし、普段通りの食事の量にしなければなりません。しかし葉酸は水溶性のビタミンで熱に弱いため、調理過程で多くが失われてしまいます。スープにすれば余す部分もなく摂取することが出来ますが、必要な葉酸をスープだけで摂取しようと考えれば大量に必要になりますし、それを毎日続けることは困難でもあります。そのため手軽に効率良く葉酸を摂取することのできる葉酸サプリは補助という意味でも大いに役に立つと言えます。

 

妊娠中期は中だるみもあり、つい気持ちが緩んでしまいます。つわりから解放され食事が美味しいと感じ、栄養のバランスを考えずに食べてしまう人もいるかもしれません。しかしその中でもお腹の中の赤ちゃんはすくすくと育っています。赤ちゃんのためにも良質な血液を作ることを妊娠中期でも心がけ、葉酸サプリを使用すると安心したマタニティライフを送れるでしょう。

 

 


↑人気の葉酸サプリはここからチェックできます

 
 
葉酸の役割とは 葉酸不足はなぜダメなのか 葉酸サプリを正しく選ぶコツ 葉酸サプリ売れているランキング