妊娠後期には葉酸サプリは必要?

妊娠後期には葉酸サプリは必要?

 

 

葉酸は葉酸サプリから妊娠初期に摂取することが厚生労働省でも推奨していますが、妊娠後期の場合は必要ないのでしょうか。その答えは葉酸の働きにあります。葉酸を妊娠初期に摂取した方が良いとされるのは、細胞分裂を正常に促す効果があるため胎児の染色体異常を防ぐ効果があるとされているからです。しかし葉酸の効果はそれだけでなく、鉄分と結合し正常な赤血球を作ることも出来ます。

 

葉酸が足りなくなると赤血球は巨大化してしまい、正常な働きをすることが出来なくなり悪性貧血を起こします。貧血に効果がある栄養素というと鉄分を思い浮かべる人もいるかもしれませんが、それだけでは貧血を完全に解決することは困難な場合もあるのです。この貧血を改善できるという働きが妊娠後期に葉酸サプリが必要かどうかの答えだと言えます。

 

妊娠後期の中でも特に、出産までの1ヵ月で胎児は身長も体重もぐっと大きくなります。血液を通して胎児に栄養を送ることは、お腹の中に胎児がいる限り続くことでもあり、胎児が大きくなるということはそれだけ胎児に流れる血液量も増えることになります。つまり妊娠後期においても葉酸サプリから葉酸を摂取し、血液を作ることは胎児にとってもお母さんにとっても非常に重要なことだと言えるのです。

 

また出産後から授乳をすぐにでも開始する人がいると思いますが、母乳は血液から作られているため、正常な赤血球を作り血液を作ることのできる葉酸を摂取することは大切なことなのです。産後の肥立ちを良くするためにも出産後1ヵ月は実家に戻り世話をしてもらったり、実家に戻らなくても料理や洗濯を人に頼んだり控える人もいるかもしれません。

 

産まれてきた赤ちゃんのことを考えれば自分の健康も大切なことなので、良質な栄養素摂りたいと考えても不思議ではありません。しかし葉酸は水溶性のビタミンで熱に弱いため、調理過程で多くが失われてしまいます。そんな時に必要な栄養素を効率良く摂取することが出来る葉酸サプリは、一生懸命に子育てをしているお母さんの頼れる存在になるのかもしれません。

 

 


↑人気の葉酸サプリはここからチェックできます

 
葉酸の役割とは 葉酸不足はなぜダメなのか 葉酸サプリを正しく選ぶコツ 葉酸サプリ売れているランキング