不妊治療に葉酸は注目されています

不妊治療に葉酸は注目されています

 

 

葉酸は妊娠に欠かすことのできない栄養素として、不妊治療のために注目されています。海外では常識で日本でも、産婦人科などで不妊治療の初診の際や妊娠を告げられた場合に葉酸が処方されるようになってきています。

 

葉酸は赤ちゃんのためのビタミンと呼ばれ、細胞を作る際に欠かすことのできないビタミンの一種です。これは、細胞の分裂と増殖だけでなく組織や臓器の形成などの働きがあるからです。また、流産防止などの働きや先天異常を防ぐ働きもありますので、妊娠した際にも産婦人科で処方されます。健常な赤ちゃんを出産するためには必須と言っても良いでしょう。

 

葉酸は妊娠しやすい体になるために必要な栄養素のため、妊娠できるようになる年齢になった場合には積極的に摂取するのが良いでしょう。葉酸を定期的に摂取することで、不妊に多い原因である女性の排卵障害のリスクを減らすことができます。排卵障害を抑え、妊娠しやすい体にするためには葉酸は欠かすことのできない大きな役割を果たしています。

 

また、普段から摂取することによって妊娠初期の赤ちゃんの臓器や器官が作られる大切な時期に、不足するリスクを避けることもできます。厚生労働省も妊娠4週間前から妊娠12週までの摂取を推奨しています。妊娠12週以降は摂取し続けるメリットはあまりありません。

 

葉酸は水や熱に弱く摂取し難い栄養素として知られています。そのため、摂取が容易な葉酸サプリが販売されています。食べ物から摂取する場合は、ほうれん草やマンゴーや苺やレバーやうなぎなどから摂取するのが良いでしょう。十分な量を摂るためには量を食べる必要があるため、食の細い人やあまり食べたくない人の場合は葉酸サプリを利用するのが良いでしょう。

 

厚生労働省では妊娠前から妊娠初期の際に摂取する量は1日400μgと設定していますが、抗てんかん薬を内服していたりすると摂取量が増える場合もありますので産婦人科などで確認しておくことが大切です。葉酸のような水溶性ビタミンは体内に蓄積されにくいため、毎日摂取することが重要です。

 

 


↑人気の葉酸サプリはここからチェックできます

 
 
葉酸の役割とは 葉酸不足はなぜダメなのか 葉酸サプリを正しく選ぶコツ 葉酸サプリ売れているランキング