葉酸は妊娠中に必要な栄養素

葉酸は妊娠中に必要な栄養素

 

 

妊娠をするとお腹の赤ちゃんのために栄養バランスのいい食事をするようになります。そうすることで赤ちゃんの健やかな成長を促すことができるからです。しかし、様々な栄養素の中でもひときわ、妊婦さんに摂取が推奨されている栄養素があります。それが葉酸です。

 

なぜなら葉酸を摂取することで赤ちゃんの脳や神経系に障害が生じるのを防ぐことができるからです。せっかく妊娠をしても脳や神経系に重大な障害を抱えてしまう胎児がいます。その障害の一つが無脳症です。この病気はその名の通り、脳が完全ではありません。そのため、身体の生きていくための機能が不完全なまま成長が止まってしまい、産まれてくること自体が困難なのです。

 

また、無事産まれたとしても治す方法もないため余命が短くなってしまうのです。その他にも脊髄に異常が生じ、生まれながらに歩けない子もいたり、知能が小学生程度で止まってしまう子もいます。このような脳や神経系の障害から守れる栄養素が葉酸です。

 

では、いつから摂取すればいいかというと、妊娠中や授乳中はもちろん妊活中からでも大丈夫です。特に妊娠初期に摂取することをおすすめします。なぜなら妊娠初期はお腹の中で赤ちゃんの脳や神経系が形成されている大事な時期だからです。

 

そして妊娠中はお腹の赤ちゃんに栄養を取られて、栄養不足になりがちです。葉酸にはそのような栄養不足を補う効果もあります。そのため妊娠中はもちろん、授乳中にも摂取が推奨される栄養素なのです。

 

このように葉酸を摂取することで、お腹の赤ちゃんを脳や神経系の障害から守ることができます。だから妊娠中の摂取が推奨されているのです。しかし、食事から摂取しようとしても妊娠中は思うように食事ができない場合があります。特に妊娠初期はつわりがあるので普通の食事自体が困難になる方もいます。

 

そんな時におすすめなのがサプリです。サプリなら無味無臭なので、つわりがひどい時期でも簡単に毎日摂取することができます。妊娠中は無理せずにきちんと摂取することをおすすめします。

 

 


↑人気の葉酸サプリはここからチェックできます

 
 
葉酸の役割とは 葉酸不足はなぜダメなのか 葉酸サプリを正しく選ぶコツ 葉酸サプリ売れているランキング