葉酸が女性の身体にあたえる影響

葉酸が女性の身体にあたえる影響

 

 

葉酸は特に妊娠初期に摂取した方が良いとされてますが、それだけではなく葉酸は貧血予防にもなるので女性には強い栄養素でもあります。女性は月経があるため、どうしても男性よりも貧血気味になってしまいます。また筋肉量も男性と比べると少ないため、血の巡りが悪くなりやすく、貧血によるめまいや立ちくらみで悩む女性も少なくありません。

 

貧血対策と言えば、鉄分を摂取しなければ、と思われがちですが、赤血球を作り出すためには鉄分と結びつく葉酸が必要になるのです。そこで貧血予防に良いとされている食材にレバーがありますが、レバーには鉄分だけでなく葉酸も多く含まれているので、効率良く赤血球を作り出すことが出来ます。しかし貧血予防のために毎日レバーを食べることは現実として無理があるので、代わりに葉酸サプリを服用することがおすすめです。

 

実際に厚生労働省でも葉酸は葉酸サプリから摂取することを推奨しています。これは葉酸が水溶性のビタミンで熱に弱いため、調理過程で多くを失ってしまうため、効率よく摂取することが出来ないためです。葉酸を毎日、効率良く摂取することで貧血予防に大きな効果を上げることが出来ます。

 

ところで最初に葉酸は妊娠初期に摂取した方が良いとしましたが、妊娠に気付いた時には実は2〜3か月が経過しており、葉酸の摂取が特に推奨されている時期を過ぎてしまった人もいるのではないでしょうか。

 

葉酸は貧血予防に効果があるとしましたが、胎児には正しい細胞分裂を促す効果があります。そのため細胞分裂が著しい妊娠初期には特に摂取が望まれるのですが、必要な時期に必要な量を摂取しておくためにも、葉酸サプリでコントロールしておけば後で焦ることもありません。

 

また葉酸は妊娠しやすい体をつくるためにも効果を期待することが出来るので、妊活中の人にも葉酸サプリは人気があります。妊娠初期だけでなく、月経のために貧血になりやすい女性にとっては葉酸は強い味方になる栄養素なのです。

 

 


↑人気の葉酸サプリはここからチェックできます

 
 
葉酸の役割とは 葉酸不足はなぜダメなのか 葉酸サプリを正しく選ぶコツ 葉酸サプリ売れているランキング