妊娠の確率と葉酸の関係性

妊娠の確率と葉酸の関係性

 

 

葉酸は妊活中や妊婦に授乳中にも欠かせない栄養素ですが、よく早く妊娠したいから飲んだり将来妊娠しやすくなるから飲むという人も多いです。ただ葉酸を飲んだからといって妊娠出来るのは間違いです。例えばサプリを毎日欠かさず飲んでいても全く子供が出来ないというのは見当違いです。

 

妊活サプリの殆どは葉酸なので妊娠しやすくなると勘違いしますが、妊活女性に必要な本当の理由は出来やすい体質になるためではなくて赤ちゃんの障害防ぐためです。葉酸は確率を上げるために摂取するのではなく、子供が出来た後に必要なのでそのために出来るまえから飲んでおいた方がよい成分です。

 

胎児が最も必要な時期は女性本人が出来たことに気が付かない時期の超初期です。そのため出来たことがわかってから飲むのでは遅いので、いつ出来ても良いように早めに飲むように推奨しています。子供を希望する女性には大切な成分なのは確かですが、出来るために飲む成分ではないので飲んでいるから大丈夫と誤解しないように注意が必要です。

 

出来やすい体質を作るにはマカなどの妊活成分の摂取や、女性ホルモンバランスを整えることが大切です。妊活中の女性に必要ないわけではなく、元気で健康な赤ちゃんを産むためには摂取は費用です。食品からの摂取だと吸収率が大変悪いので、厚生労働省はサプリからの摂取を推奨している成分でもあります。

 

葉酸はお腹の赤ちゃんを育てる時にも母親の健康の上でも大切な栄養素です。赤ちゃんにとっては遺伝情報を伝えるDNAの生成を助けて細胞分裂に大きな役割を果たします。染色体異常を防いで奇形のリスクを減らします。

 

プレママだと血を作って貧血を防ぐ効果もあり別名血を作るビタミンと言われています。男性が摂取すると赤ちゃんの奇形防止やパートナーが妊娠する隔離が上がったというデータもあります。妊娠初期は通常の食事以外にもサプリメントで400μg摂取するのが望ましいとされています。適正だと良い効果が期待出来ますが、だからといって過剰に摂取すると害が出るので注意しましょう。

 

 


↑人気の葉酸サプリはここからチェックできます

 
 
葉酸の役割とは 葉酸不足はなぜダメなのか 葉酸サプリを正しく選ぶコツ 葉酸サプリ売れているランキング