葉酸欠乏による赤ちゃんへの影響

葉酸欠乏による赤ちゃんへの影響

 

 

葉酸は人体に不可欠な栄養素の1つで、赤血球の正常な合成や細胞分裂を手助けする働きを担っています。その必要性は子供から老人に至るまでライフステージを問いませんが、特に妊娠中・授乳中は胎児・乳児にも必要とされる分を母親が摂取して賄う必要があり、所要量の基準が高く設定されています。

 

摂取不足で葉酸欠乏を起こした場合、立ちくらみや息切れをいった自覚症状が現われて来ます。不足量が顕著になると、悪性貧血の症状を呈する事もあります。また細胞分裂を伴う修復力の低下により、口内炎や胃潰瘍といった症状が起きる事もあります。妊娠中においては胎児の細胞分裂の滞りという形で影響が現れ易くなる為、出生後の赤ちゃんにおいて先天的な病気を起こす確率を上げてしまう事になります。

 

特にダウン症等の染色体異常に関連する病気に関して、葉酸欠乏との関連を指摘する研究データが多く提示されています。従って普段の食事から充分な所要量を摂取する事が重要なのですが、妊娠中・授乳中においてはそれでも不足気味になるケースも多く見られる為、近年は該当する時期においてサプリメントの活用による補給も勧められる傾向にあります。

 

妊娠に関しては特に必要とされるのがごく初期の頃である事が解っており、この頃の葉酸欠乏は特に赤ちゃんに対して生命に関わる重篤な後遺症状をもたらす可能性があるとされます。ところが実際には、妊娠が検査等ではっきりと認知されるのはその時期を経過してからとなります。そこでこうしたリスクを踏まえ、近年ではいわゆる妊活と呼ばれる妊娠希望の段階から積極的な葉酸摂取を図る事によってリスクを回避しようという動きも出て来ています。

 

体内での貯蔵があまり出来ない栄養素である為、量の充足と共に習慣的に補給出来る状況を作って置く事がポイントとされます。葉酸を摂取していれば胎児の先天的な病気を完全に回避出来るといったものではありませんが、少なくとも欠乏が主原因である症状だけは防ぐ事が可能ですから、特に注意したいものです。

 

 


↑人気の葉酸サプリはここからチェックできます

 
 
葉酸の役割とは 葉酸不足はなぜダメなのか 葉酸サプリを正しく選ぶコツ 葉酸サプリ売れているランキング