婦人科でも葉酸摂取を推進

婦人科でも葉酸摂取を推進

 

 

葉酸の摂取が不妊に悩まされている人や妊婦にとって重要であるということがよく言われるようになりました。その影響を受けて葉酸サプリは世の中で注目されるようになっていますが、婦人科でも摂取を推奨する状況があるのが現状です。

 

国家資格を有する医師が葉酸摂取を推奨するからには根拠があります。実際に統計的なデータとして示されている内容だけでも、妊娠初期に摂取することで胎児の神経管閉鎖障害を予防する効果が示されているという根拠があるのです。健康な子どもを産める可能性が高いからこそ不足しないように葉酸摂取を勧める婦人科の医師が多くなっています。

 

それ以外にも経験的に不妊であった女性が妊娠しやすくなったり、つわりに苦しんでいた妊婦のつらさが軽減されたりすると知っている医師が多く、妊娠初期から出産に至るまで葉酸を摂取するのに越したことはないという見解が広まっているのが実情です。

 

その際に医薬品として葉酸を処方するのではなく、葉酸サプリの購入を促すことも多くなりました。これは葉酸の医薬品としての適用が通っていないことに加え、葉酸サプリの場合には妊娠前や妊娠中に必要になる他のミネラルも含まれていて、より摂取するのが理に適っているからです。そのため、鉄分やカルシウムなどの妊娠中に欠かせないミネラルを補給できる点で優れている葉酸サプリが推奨されています。

 

葉酸不足の解消を目指して食事についての指導を行う医師もいますが、やはり葉酸サプリの使用を推奨することも少なくありません。葉酸摂取の医学的根拠とされる研究ではモノグルタミン酸型葉酸の摂取によって得られているデータです。そのことを配慮して食品に含まれているモノグルタミン酸型葉酸とは異なるものとして考えて食品からの摂取よりもサプリによる摂取を推奨しているのです。

 

妊娠すると必要量も増えることから食事からの摂取が難しくなるため、万全策として葉酸サプリの使用が良いという考えが広まっています。

 

 


↑人気の葉酸サプリはここからチェックできます

 
 
葉酸の役割とは 葉酸不足はなぜダメなのか 葉酸サプリを正しく選ぶコツ 葉酸サプリ売れているランキング