葉酸が不足する原因

葉酸が不足する原因

 

 

葉酸というのは体内でアミノ酸や核酸を合成するために必要な成分の中の1つで分類としては水溶性ビタミンになります。この葉酸は緑黄色野菜や果物をはじめとした日常的になじみのあるたくさんの食品に含まれているのですが、基本的には調理などによって破壊されてしまいやすく、食品から効率よく摂取する場合は生で食べる事が一番良い摂り方になります。

 

葉酸が不足するとDNA生成に支障をきたすため血液の合成がうまく出来なくなり結果悪性貧血や血球傷害などを引き起こします。特に妊婦及び授乳中の女性の場合は身体からの葉酸の要求量が多い為、不足しがちになります。その結果、妊娠中であるなら妊婦本人だけでなく胎児にも重篤な影響を与える場合があり特に気をつける必要がある為、厚生労働省からも葉酸を1日に480μg摂るように推奨されています。

 

そもそもこの葉酸が不足する原因は、先程も書きましたように妊婦や授乳中女性の場合は身体からの要求量が多いからですが、そうではない人も男女問わず葉酸が含まれる食品をほとんど摂っていない場合や、アルコールの過剰摂取をしている場合、ピルを常用している女性なども不足しやすくなります。

 

そしてそれなりに葉酸が含まれた食品を摂っていても調理や加熱によって破壊されたり、胃酸にも弱いため、摂取した食品から実際にちゃんと体内に吸収されるのは相当に少なくなってしまいます。加えて葉酸が多く含まれる食品というのは身体を冷やす作用があるものがほとんどなので生でたくさん食べるとそれはそれで冷えの原因にもなってしまいます。

 

だからこそそれを補ってくれるものを摂る必要があり、実際に葉酸サプリだと吸収率も格段に良く、少ない量で十分な1日分の葉酸を確実に摂れるのです。毎日大量の野菜類を生で食べるのは難しいですが、サプリメントなら無理なく摂ることが出来ますので、生の食品と葉酸サプリを併用して摂取することが最も望ましい葉酸の摂り方と言えます。

 

 


↑人気の葉酸サプリはここからチェックできます

 
 
葉酸の役割とは 葉酸不足はなぜダメなのか 葉酸サプリを正しく選ぶコツ 葉酸サプリ売れているランキング