葉酸の流産防止への働きとは

葉酸の流産防止への働きとは

 

 

葉酸サプリは流産を予防する効果があると言われていて、オランダの医療機関の研究では流産経験のある女性は経験のない女性に比べて血中の葉酸量が少なかったという報告もあります。

 

葉酸には体内のホモシステインを減らす働きを持っていて、ホモシステインは活性酸素を増やして身体を錆びさせます。ホモシステイン濃度が上がると血管の働きが悪くなり動脈硬化が起きます。動脈硬化は血栓が出来て血のめぐりが悪くなる症状ですが、めぐりが悪くなればお腹の中の赤ちゃんは栄養不足になります。そのために流産をしやすくなります。

 

葉酸は体内の血液量を増やしてくれます。血を作るビタミンとも言われていて赤血球を生産する働きがあり、血行を悪くするホモシステインを減らしながら血も作ってくれます。血のめぐりや濃くなれば胎児にも栄養がたくさん届くので発育遅れや停止などのリスクも減ります。

 

子宮内膜を厚くする働きもあり妊娠初期の流産予防に効果的です。妊娠初期は受精卵の着床をしっかりと継続させることが大切で、これが出来ないと化学流産などを起こしてしまいます。着床を継続するには子宮内膜の状態が重要で葉酸で子宮内膜を布団のようにふかふかにすることでしっかりと着床が出来ます。

 

また葉酸は奇形児の発生率を72%軽減します。アメリカの医療機関の研究で葉酸を摂ると胎児の先天性異常(奇形)を72%も減らすことがわかっています。アメリカでは主食の小麦粉製品に葉酸を入れることを義務化しています。その結果アメリカでは奇形児が日本の半分になったそうです。それまでは日本の2倍も発生率が高かったのでその効果の凄さがわかります。奇形だと流産になることも多いので、葉酸サプリを摂取することで奇形になるリスクも減り元気で健康な赤ちゃんが生まれやすいです。

 

葉酸サプリはたくさんありますが商品によっては添加物が殆どだったり、必要な栄養成分が入っていないものもあります。価格が安いからといって選ぶと効果も実感しにくいですし危険もあるので品質の良い品を選ぶことが重用です。

 

 


↑人気の葉酸サプリはここからチェックできます

 
 
葉酸の役割とは 葉酸不足はなぜダメなのか 葉酸サプリを正しく選ぶコツ 葉酸サプリ売れているランキング