無脳症と葉酸の関係性

無脳症と葉酸の関係性

 

 

無脳症とは、先天的な頭頚部奇形の一種です。文字通り、脳の一部、またはほとんどの組織が無い状態です。

 

脳は、人間が生きていく上で欠かすことができない部位です。そのため無脳症においてその機能に障害が発生していると言うことは、生命維持に関して重篤な障害が発生するリスクが高いことを示しています。無事にこの世に誕生したとしても、重篤な障害を抱えていると言うことが多く、また呼吸ができないことによりこの世に生まれてくることすら難しいと言うことも少なくはありません。

 

無脳症は、神経管閉鎖障害において発生する症状です。神経管閉鎖障害とは、脳や脊髄のもととなる神経管と呼ばれる管状をした細胞の一部が閉鎖してしまうことで、脳や脊髄が正しく形成されない、または正しく成長しない障害のことです。これによって引き起こされるのは無脳症の他にも、脊髄や脊柱が形成されないことによる二分脊椎症もあります。何故、この神経管閉鎖障害が引き起こされるのかは諸説ありますが、そのひとつとして挙げられるのが胎児の、妊娠初期における細胞分裂や増殖の不活性化です。

 

妊娠初期においては、胎児の細胞は目まぐるしく分裂、増殖を繰り返しています。そのプロセスによって体や機能は作られていきます。ですからこのプロセスが不足していると、神経管閉鎖障害が起こりやすくなると言われています。そしてその原因のひとつとして考えられているのが、葉酸不足です。

 

水溶性ビタミンの一種である葉酸には、細胞の分裂、増殖に必要なDNAの合成を促す作用があるとされています。また造血作用もあるため、血流の停滞や血液の不足による細胞への栄養、酸素供給を防ぐことにも効果が期待できるとされています。

 

つまり葉酸不足になると、細胞の分裂や増殖、またその成長が滞りがちになり、結果として神経管閉鎖障害のリスクが高くなると言うメカニズムです。実はこのことは国によって指摘されていることでもあります。そのため妊娠に関係がある女性に対しては、一定量の葉酸を摂取することが国によって推奨されています。

 

 


↑人気の葉酸サプリはここからチェックできます

 
 
葉酸の役割とは 葉酸不足はなぜダメなのか 葉酸サプリを正しく選ぶコツ 葉酸サプリ売れているランキング