妊娠中の貧血と葉酸不足について

妊娠中の貧血と葉酸不足について

 

 

非常に多くの女性が胎児を妊娠している時期に貧血を経験しています。基本的に言って、妊娠の初期の時期には、妊婦の体は非常に多くの葉酸を必要としていると言われています。

 

なぜなら妊婦は自分の血液を通して、お腹の胎児に必要な栄養や酸素をせっせと送り込んでいるからです。そのため、その時期に葉酸不足が生じてしまうと、妊婦は貧血になりやすくなってしまうと言われています。

 

特に、妊娠初期の時期は、胎児の脊椎や脳といった重要な器官が形成されていく大事な時期でもあります。この時期において、母体ではたいへん多くの量の葉酸を消費しているものです。そのため、葉酸不足にならないよう普段から十分に注意できるでしょう。

 

仮に、この妊娠初期の時期に必要な葉酸が不足してしまうと、妊婦の貧血を引き起こすだけでなく、大切な胎児に障害が残ってしまう危険もあると言われています。そのため、意識的に葉酸を摂取するよう十分の注意が必要となります。

 

また、妊婦にとって十分の葉酸が必要なのは、決して初期の時期だけではありません。例えば、胎児が急に大きく成長するような時期や、妊娠中期や後期の時期にも非常に多くの葉酸を必要としています。仮にこの時期に葉酸不足が生じると、巨赤芽球性貧血と呼ばれる症状を引き起こしてしまうことがあります。

 

この巨赤芽球性貧血とは、ビタミンB12や葉酸の不足によってDNAが上手く作られなくなることによって起こる症状のことです。その結果、妊婦の正常な赤芽球が作り出されず、かえって異常な巨赤芽球ができてしまうことになります。こうした状況は、貧血を引き起こし、医療機関での治療が必要となってしまいます。

 

このような理由で、妊娠初期には特に、また妊娠中期や後期の時期にも妊婦は積極的に葉酸を摂取することが勧められているのです。葉酸不足によって引き起こされる貧血のリスクを抑えるためにも、是非とも意識して葉酸を摂取するよう心がけましょう。

 

 


↑人気の葉酸サプリはここからチェックできます

 
 
葉酸の役割とは 葉酸不足はなぜダメなのか 葉酸サプリを正しく選ぶコツ 葉酸サプリ売れているランキング