葉酸はなぜ妊娠を促進させる効果があるのか

葉酸はなぜ妊娠を促進させる効果があるのか

 

 

葉酸サプリと言うと、妊娠中に摂取をすすめられている栄養素というイメージです。なぜなら葉酸を摂取することでお腹の赤ちゃんを脳や神経系の障害から守ることができるからです。しかし、実は妊活にも役立つ効果があることをご存知ですか。

 

妊娠したくてもなかなか妊娠できない方の場合、原因の一つは体内の状態です。身体の準備ができていなければ、いくら望んでも妊娠は難しいのです。ではどうすれば妊娠を促進させる効果が上がるかというと、その方法の一つが葉酸の摂取です。

 

葉酸を摂取することで女性の子宮の状態を妊娠しやすい状態に変えることができます。まず、葉酸を摂取すると、子宮内膜を厚くする効果があります。妊娠をするにはまず受精をして、その受精卵が子宮に着床しなくてはいけません。しかしホルモンバランスが乱れていると、子宮の準備ができておらず、受精卵が着床しにくいため妊娠に至らないのです。

 

しかし葉酸により子宮内膜が暑くなると、受精卵が着床しやすくなります。さらに葉酸には子宮内膜の血流を促進する効果もあります。そのため着床した受精卵の成長を促し、妊娠を促進させる効果があるのです。

 

また、葉酸には体内の栄養不足を防ぐ効果もあります。いくら着床したからと言って、体内が栄養不足の状態では健全な妊娠はできません。このように葉酸には子宮を妊娠しやすい状態にし、体内の栄養不足を補う効果があります。そのため妊娠を促進させる効果があるのです。

 

しかし、葉酸を食事から摂取しようとすると簡単にはできません。毎日きちんと摂取するには必要量を食べなければいけないからです。そこでおすすめなのが葉酸サプリです。サプリなら毎日簡単に必要量を摂取することができます。さらに最近の葉酸サプリは鉄分やビタミンなど他の栄養素を含んでいるものが多く、一度に様々な栄養素を補うことができます。妊活を頑張っている方、妊娠をしたいけどどうしたらいいかわからない方におすすめのサプリです。

 

 


↑人気の葉酸サプリはここからチェックできます

 
 
葉酸の役割とは 葉酸不足はなぜダメなのか 葉酸サプリを正しく選ぶコツ 葉酸サプリ売れているランキング