葉酸の摂り過ぎは危険なの?副作用は?

葉酸の摂り過ぎは危険なの?副作用は?

 

 

葉酸は妊活中や妊娠中に服用する事によってより良い成分です。食品からも摂取する事は出来ますが、必要量を摂取する事は難しい為サプリメントを利用する人が多くいます。ただ、サプリメント自体は確かに手軽に必要な栄養素を摂取する事が出来ますが、手軽に摂取する事が出来る分過剰摂取に繋がりやすいという点もあります。

 

妊娠初期の催奇形性を防ぐ効果等も期待できる葉酸ですが、実際に過剰摂取してしまうと喘息リスクやビタミンB12欠乏症の発見が困難になるという副作用が起こる可能性が高くなります。胎児の為に良いと言う事で摂取していた物が、実は胎児に悪影響を及ぼしてしまうという事も有る為、摂り過ぎないようにします。そうすれば副作用の心配をする事無く毎日継続して摂取する事が出来るからです。

 

現在、葉酸が配合されているサプリメントは豊富にありますが、1日に1000μg以上摂取してしまうと過剰摂取と言う事になってしまいます。本来、1日に摂取しておくと良いのは1日400μgです。勿論、沢山摂取したとしてもある程度は体外に排出されるのですが、それでも1000μg以上摂取してしまうと喘息喘息リスクは正常な摂取をしている時に比べると1.26倍程度まで増えてしまう事も有ります。

 

しかし実際に摂り過ぎによる副作用を心配しなければいけないのは、サプリメントでの摂取の場合です。前述したように葉酸自体は食品にも含まれている物です。ただ食品に含まれている場合は天然の葉酸を摂取するという事になる為、合成された物に比べると過剰摂取を心配する必要はありません。

 

だから食品で摂取と言う時には副作用の心配をする必要はないのです。あくまでも注意しなければいけないのはサプリメントで葉酸を摂取する時です。サプリメントは手軽に摂取する事が出来る事も影響して、沢山摂り過ぎてしまう人もいます。

 

また中には沢山摂取する方がより効果的だと思っている人もいる程ですが、サプリメントの利用はどれだけ便利だとしても葉酸の摂取量は1日に1000μg以下になる様に注意しながら服用します。

 

 


↑人気の葉酸サプリはここからチェックできます

 
 
葉酸の役割とは 葉酸不足はなぜダメなのか 葉酸サプリを正しく選ぶコツ 葉酸サプリ売れているランキング