赤ちゃんの先天性異常を防ぐ葉酸とは

赤ちゃんの先天性異常を防ぐ葉酸とは

 

 

赤ちゃんに起こり得るとされている先天性異常には様々なものがあります。たとえば神経管閉鎖障害が代表的なものとしては挙げられます。これは脳や脊髄を作るもととなる神経管の細胞の一部が閉鎖されてしまい、脳や脊髄が正しく形成されない障害のことです。

 

脳や脊髄は、人間の生命維持に対して非常に重要な役割を果たしています。ですからこの先天性異常が発症すると、身体障害が発生したり、流産や死産になってしまう可能性も高くなります。こうした先天性異常が赤ちゃんに発生する原因のひとつには、胎児段階での細胞分裂が十分に行われていないことが挙げられます。

 

細胞分裂がしっかりと行われていれば、体の各器官などもしっかりと形成されますが、細胞分裂が不十分だと器官の形成などもじゅうぶんに果たされないため、それが原因で先天性異常が発症しやすくなると言う具合です。ですから母親においては、胎児の細胞分裂を初期の段階からじゅうぶんに促してあげることが、先天性異常の予防にもつながると言うことを理解しておく必要があります。

 

そのために効果的だとされているのが葉酸の摂取です。葉酸は水溶性ビタミンの一種で、細胞分裂、増殖に必要なDNAの合成を促す作用があるとされています。ですから、妊娠初期の段階から葉酸を摂取しておくことで、胎児の細胞分裂を促進させることが期待できます。そしてそれによって、神経管閉鎖障害などの先天性障害の予防にも効果が期待できるとされています。

 

このことは、実際に、国によって妊娠初期の女性には一定量の葉酸摂取が推奨されていることからも理解できます。葉酸は葉物野菜などに含まれている成分ですが、国の推奨摂取量を食べ物だけで満たそうとするのはなかなか大変なことです。

 

そこで葉酸サプリを利用するのがおすすめです。葉酸サプリであれば、必要な、推奨されている量を手軽に摂取することができます。更に葉酸には、造血作用もあります。妊娠中は、胎児に栄養が優先されるために母親はどうしても貧血になりやすい傾向にあります。ですから、これを予防する意味でも葉酸サプリの利用は推奨されることです。

 

 


↑人気の葉酸サプリはここからチェックできます

 
 
葉酸の役割とは 葉酸不足はなぜダメなのか 葉酸サプリを正しく選ぶコツ 葉酸サプリ売れているランキング