40代での高齢出産には葉酸サプリがぴったり

40代での高齢出産には葉酸サプリがぴったり

 

 

出産にはある程度のリスクはつきまといます。そしてこの確率は、40代になると急激に跳ね上がるとも言われています。また40代になると女性ホルモンの分泌量や体力にも変化が生じやすいため、妊娠そのものがしにくくなるとも言われています。ですからいわゆる高齢出産や妊娠にしにくさには、自分で対処することが求められます。

 

そのひとつとして効果的なのが、葉酸サプリを利用することです。葉酸は、造血作用や細胞の分裂、増殖を促進する作用があることから、老若男女問わず摂取しておきたい成分です。ただし妊娠に関係がある女性に関しては、胎児の無脳症などの神経管閉鎖障害、またそれ以外の先天性異常発生のリスクを軽減させる作用があることから、積極的に摂取するのが望ましいとされています。

 

高齢出産においてリスクが跳ね上がる先天性障害のひとつには、ダウン症が挙げられます。これは20代での発症率が0.1%未満であるのに対し、40代の出産になると1%にまで跳ね上がると言うデータもあることからも明らかです。

 

その原因としては様々なことが考えられますが、そのひとつには胎児の細胞分裂、増殖がしっかりと行われていないことが挙げられます。特に妊娠初期においては凄まじい速さで胎児の細胞は分裂、増殖を繰り返しています。そしてそれによって体のあらゆる機能が形成されていきます。

 

よってそれがスムーズに行われないと、ダウン症などの先天性異常などが発生しやすくなると言う具合です。ですからこのことに有益に働きかける葉酸は、高齢出産に臨む女性は勿論のこと、すべての妊婦、また妊娠を意識している女性が摂取しておくべき成分だと言えます。

 

そして40代の妊娠は、時に体質を大幅に改善させなければ難しいこともあります。そのひとつとしては血行を良くすること、血液量を増やすことが挙げられます。これにより子宮に十分な量の血液が行き届き、なおかつ体が温まれば、卵子が作られやすくなり、また精子の着床もスムーズにいく可能性が高くなるためです。

 

ですから40代からの妊娠、出産を意識するのであれば、まずは葉酸サプリを利用することが望ましいです。

 

 


↑人気の葉酸サプリはここからチェックできます

 
 
葉酸の役割とは 葉酸不足はなぜダメなのか 葉酸サプリを正しく選ぶコツ 葉酸サプリ売れているランキング